滋賀の不倫慰謝料請求に強い弁護士が対応致します。

弁護士費用

弁護士費用 3つの特徴

  • 相談料は0円
  • 弁護士費用の分割払い可能
  • 契約書を作成して安心の明朗会計

不倫慰謝料請求をする場合の弁護士費用

【着手金】

無料

【報酬金】※いずれか高いほうを選択

交渉で解決した場合 獲得した経済的利益の22% or 33万円(税込)
訴訟で解決した場合 獲得した経済的利益の27.5% or 44万円(税込)

※表示金額は税別です。
※ご依頼時に契約書を作成しますので、明朗会計です。
※その他に、郵送料、裁判手続きの場合の印紙代等の実費が必要です。

不倫慰謝料請求をされている場合の弁護士費用

【着手金】

交渉 16万5000円(税込)
訴訟 22万円(税込)
裁判期日5回目からは超過日当1回3万3000円(税込)

【報酬金】※いずれか高いほうを選択

相手の請求から減額できた額の22% or 22万円(税込)

※表示金額は税別です。
※ご依頼時に契約書を作成しますので、明朗会計です。
※その他に、郵送料、裁判手続きの場合の印紙代等の実費が必要です。

報酬算定の例

・妻が不倫していることが発覚し、不倫相手に対して慰謝料の請求を行い、交渉で不倫相手から慰謝料100万円を得た場合。

着手金 0円
報酬 33万円(税込)
(計算方法)
獲得した100万円×22%=22万円と交渉での最低報酬金33万円を比べて高い方である33万円を採用

・夫が不倫していることが発覚し、不倫相手に対して慰謝料の請求を行い、交渉で話がつかなかったため訴訟を提起し、不倫相手から慰謝料200万円を得た場合。

着手金 0円
報酬 55万円(税込)
(計算方法)
獲得した200万円×27.5%=55万円と訴訟での最低報酬金44万円を比べて高い方である55万円を採用

・既婚女性と交際していたところ、その夫から200万円の不倫慰謝料を支払えと請求を受けて、交渉して120万円支払うことで解決した場合。

着手金 16万5000円(税込)
報酬 22万円(税込)
(計算方法)
請求額から減額した80万円×22%=19.36万円と交渉での最低報酬金22万円を比べて高い方である22万円を採用

・既婚男性と交際していたところ、その妻から250万円の不倫慰謝料を支払えと請求を受けて、訴訟を起こされて、150万円を支払うことで和解した場合。

着手金 22万円(税込)
報酬 22万円(税込)
(計算方法)
請求額から減額した100万円×22%=22万円と交渉での最低報酬金22万円を比べると同額になるので、22万円を採用
滋賀の不倫問題を弁護士が対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

投稿日:2021年2月12日 更新日:

Copyright© 滋賀の不倫慰謝料請求相談サイト , 2021 AllRights Reserved.