滋賀の不倫慰謝料請求に強い弁護士が対応致します。

弁護士コラム

不倫の証拠の集め方

投稿日:

はじめに

配偶者の不倫相手に対し、不倫慰謝料請求を行おうとするとき、重要なのは証拠の有無ですたしかな証拠さえあれば、不倫相手としても言い逃れはできませんし、仮に不倫の事実を否定したり、慰謝料の金額について折り合わなかったりした場合に、裁判を起こすことも可能になります。

不倫慰謝料を請求しようと思うと、不倫の証拠は必要不可欠と言えます。

そうはいっても、どのようなものが不倫の証拠となるのか、またどのようにしてそういった証拠を集めればよいのかわからない点も多いと思います。

以下では、不倫の証拠とその集め方について解説していきます。

反省文

裁判で認められやすい証拠と認められにくい証拠

不倫のなかでも、慰謝料が発生する不倫とは、不貞行為すなわち肉体関係がある場合のみです。そのため、不倫慰謝料の裁判では、肉体関係が焦点になります。肉体関係があったことを裏付ける証拠が必要です。

(1)メールやLINEなどのSNSアプリでの通信内容

やり取りの中で2人で宿泊したことを匂わせる内容、例えば泊りの旅行の約束などが入っている場合、肉体関係があったことの証拠になります。

単に食事に行ったことや、仲の良さがうかがわれる内容の場合は、残念ながら弱いです。

(2)写真

2人がホテルで撮ったと思われる写真、2人がホテルに入っていく場面を撮った写真、2人が普通は日帰りで戻って来ない遠方で写っている写真、お互いの家を行き来している写真は確かな証拠といえるでしょう。

スマホで撮った写真だと位置情報が埋め込まれている場合もあるので、そういったところから手がかりを探す方法もあります。

逆に、単に近くの街を一緒に歩いている写真や、日帰りデートしている写真の場合は、残念ながら証拠として弱いです。

(3)領収書

ラブホテルなどの領収書であれば、肉体関係を持ったことをダイレクトにうかがわせるので、ある程度強いと言えます。しかし、誰と入ったかが不明なので、夫に慰謝料を請求する証拠にはなったとしても、不倫相手に損害賠償を請求する証拠とはいえないでしょう。

ホテルでも単なる二人ディナーなどの領収書は肉体関係の証拠とは言えないでしょう。

(4)夫の発言の録音又は書面

不貞行為を認める発言や、反省文・謝罪文がある場合は証拠となります。文書で、明確に「誰それと何処どこに旅行に行ってホテルに泊まり、肉体関係を持ちました。」等という記載があることが必須です。日付や肉体関係に言及せず、単なる浮気、不倫等を認めて謝罪するようなぼやっとした内容だと、残念ながら証拠としてそこまで強くはありません。

(5)不貞相手の発言の録音又は書面

上記(4)と同じです。

 

以上、いくつかの証拠を見てきました。たしかな証拠、強い証拠をできるだけ集めることが大切です。弱い証拠しかない場合、いくら数を集めたとしても、不貞行為が存在したとは認められず、不倫慰謝料も請求できません。

また、証拠を集めるために違法なことをしてもいけません。例えば、別居中の夫の家に侵入して、盗聴器をしかけたり、写真や領収書を撮影したり、回収したりしていくのは犯罪です。そのような証拠を違法収集証拠と言い、裁判でも採用してもらえなくなります。

 

自分で浮気・不倫の証拠を集めるには

(1)自分で集める方法

自分で行う証拠の集め方としては、携帯電話、SNSの履歴は、画面を撮影するなどがあります。領収書なども、不用意に捨てていれば、すぐに入手できます。写真も、夫が保存しているものをこっそり撮影してしまえば、入手できます。ただ、ホテルに入る場面などを、追跡して撮るというのは、どうしてもほぼ困難だと思います。

反省文・謝罪文のようなものは、むしろ自分でしか取れません。これは強力な証拠なので、是非、押さえておきたいところです。

(2)自分で集める場合の注意点

自分で集める場合、いくつかリスクがあります。

・不倫に気が付いていることが夫にばれるおそれがある

夫にばれることで不倫相手との関係を清算されたり、証拠を消されたりする可能性が出てきます。

・使えない証拠ばかりになってしまうおそれがある

有力な証拠とそうでない証拠を一般の方が判断するのは難しいことです。せっかく苦労しても有力な証拠は手に入らないことがあります。

 

探偵に依頼して集める方法

(1)探偵と興信所の違い

探偵に依頼するとなったとき、あなたはきっと迷います。世には、「○○探偵事務所」「○○興信所」などという広告が、あふれているからです。

まず、探偵と興信所の違いを確認しておきましょう。結論を言うと、歴史的には違いがありますが、実際は殆ど同じです。探偵は、文字通り、個人を追跡して、その身元、行動等を明らかにしていく機関というのがルーツです。一方、興信所は、もともと個人の素行調査というよりは、企業等の信用調査を行う機関だったので、あまり密行性のある調査を専門とはしていませんでした。もっとも、現在では、両者の差は殆どなくなっています。

(2)料金の相場

調査員の数、調査の方法などにもよりますが、概ね1時間2万円程度と考えておくと良いと思います。ただ、きちんとした報告書に挙げてもらって、十分な証拠を確保してもらおうと考えた場合、トータルで結局20万円~100万円程度は覚悟しておいた方がいいと思います。

 

まとめ

不倫の証拠集めの方法について解説しました。不倫の証拠はある程度パターン化できるとはいえ、どのような証拠が有力なのか、どういった証拠がのこっていれば確実なのか、迷うこともあると思います。

証拠集めの段階でも、わからないことがあれば弁護士に相談してみることをお勧めします。

 

-弁護士コラム

Copyright© 滋賀の不倫慰謝料請求相談サイト , 2022 AllRights Reserved.